2009年12月 1日 (火)

ひとめぼれやったん。。。

     

     R0014347_2

寒いですねー。
さすがのモンテネグロも寒い日が続いています。

すっかりまたまたご無沙汰しております。
皆さんは風邪ひいていませんか~?
私はというと、先日久しぶりに実家に電話し、「全然元気だよ~」と言った翌日から風邪をひいてしまいました・・・。
珍しく、しばらくお酒も自粛なんかしちゃったり。。。

さてさて、ようやく全快となった今日。
すっかり弱っていた胃も元気になり…めっちゃ、食欲あるんスけど。
寒いしなぁ、お昼ごはんはなんか温かいスープ飲みたいなぁ~。でも、スープを1人分作るのがダルいよねぇ…(^-^;

・・・で、ようやく、思い出したんです。

R0014492

コイツの存在。

買ってた、買ってた。そういえば・・・。
オランダで必死に探し回って・・・!!!(爆)

続きを読む "ひとめぼれやったん。。。"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

親友の味

とうとう冬時間に入り、日本との時差がまた-8時間となりました。

ついこの前までは半袖だったような覚えがあるんですが、いつの間にか、分厚いジャケットを羽織るような時期になってました。
相変わらずモンテネグロは秋らしい秋がなく、いまだにお気に入りの長袖ブラウスが出番ありません…。

え~久しぶりの更新なのに、これといった話題ではありませんが・・・。

     Img_49921

これまた随分と久しぶりに、スパゲッティー・ボロネーゼを作りました。
かれこれ1年以上作っていなかったんじゃないかな~?
赴任当初は来る日も来る日も、こればっか作ってましたが(笑)

このボロネーゼ、私にとっては大切な思い出の味というか、親友の味なのです。

このレシピを教えてくれたのは、大学時代からの親友。
ふたりとも、実家を離れ1人暮らしをしていたので、しょっちゅうお互いの家で一緒にご飯を食べたりしてました。
今となってはそう珍しくもないレシピですが、当時まだ大学生で、基本お料理でさえ初めて挑戦することがいっぱいあったあの頃、「簡単だから」と言って教えてくれたのがこのレシピ。

ボロネーゼは、その人その家庭によって色んな作り方があると思いますが、私はいまだに親友から教わったとおりの作り方を守っています。
この料理を作ると、必ず、遠く離れ滅多に会えなくなった親友を思い出します。
一緒にお付き合いのあるどぶ朗も食べると思い出すらしく、「そういえば、元気にしてるかな~?」と、必ず食卓の話題にのぼる親友。

その親友とは、もうかれこれ10年以上。
大学を卒業しお互い家庭を持っても、こうして随分遠くに来てしまった今でも、ずっとずっと続いている友情は、このボロネーゼのように、じっくり時間をかけて良い味となってきました。

モンテネグロでもレストランにスパゲッティー・ボロネーゼはありますが、思い出の分だけ、絶対、私が作った方が美味しいと自負してます…かなりね(笑)

おふくろの味とかお祖母ちゃんの味とか、そういう味はありますが、親友の味というのは珍しいのかな?
でも、ボロネーゼがそんな思い出の味になれたのも、やはり親友の温かい友情のおかげですね。

皆さんにも、ついつい誰かの顔を思い出してしまう、そんな思い出の味ってありますか?
いつか、ここモンテネグロでも、こんな思い出の味ができるといいなぁ~。

ちなみにパスタ上に乗せたイタリアンパセリは、maityの自家製。

種はイギリスの知り合いの方がわざわざ送ってくださったもので…(ありがとうございます)。
このパセリ、実は別の鉢に蒔いたはずなんですが、種が一粒だけ風で飛んでいったのか、紫蘇の鉢にちゃっかり芽を出し…えー、こんな奇妙な寄せ植えにする予定ではなかったのに~。
誰に期待されることなく根を生やしたのが可哀想で、放置していたら、もともと鉢の主だったはずの紫蘇より、だいぶ丈夫に育ちました(^-^;

んで…もぅ刻むのも可哀想で、ちょこっとだけちぎって、そのままパスタに添えました(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

ピューっと吹くと!?

     R0010559

どぶ朗は家に居るとき、よく口笛を吹く。
(なんでそんなに機嫌がいいのかは、いつも不明。)

別に口笛を家の中で吹いてもいいけど~、夜に吹くのだけは許せん。

どぶ朗: 「えっ!?なんで??」

maity: 「夜に家の中で口笛を吹くと、蛇がやってくるから吹いちゃダメなの!」

どぶ朗: 「それって・・・レッドスネーク、カモ~ン・・・??」

ちがーう!!annoy
赤い蛇がやってくるのか黄色い蛇がやってくるのか、それはともかく、「夜に家の中で口笛を吹くと蛇がやってくる」と言って、maityの母親がよくmaityを叱っていたものです…(あぁ、遠い昔の話)
これって一般常識だと思っていたのですが、あれ?ウチだけの話・・・??

モンテネグロに来て、こんな自分にしか通用しない話をどぶ朗に説明すると、なんだか、ホントに自分は遠く離れた文化圏に来ちゃったんだなぁ~って、ションボリ。
(あと、トンカツにソースは邪道と断言された時も、遠く離れた異文化の土地に嫁入りしたと思う。)

ヘレン: 「へー。日本にもそういう話ってあるんだぁ。セルビアでは、『家の中で口笛を吹くと、ネズミが来る』って、よく怒られるよ。」

ほうほう。セルビアにも同じような言い伝えがあるんですなー。
やっぱり、家の中で口笛を吹くというのは、お行儀の悪い行為で、それを正すために生まれた迷信…といったところでしょうか?

子供の頃はよく友人や両親から、「霊柩車を見たら親指を隠せ」とか、「掌に『人』という文字を3回書いて、飲み込む(マネをする)と緊張しない」とか、色んな迷信の類を教わってきましたが、日本同様、セルビアやモンテネグロにも、こういった迷信はあるようです。

続きを読む "ピューっと吹くと!?"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

モンテの常識・・・??

    R0010565

maityのお友達、ヘレン(仮)が先日ちょっと愚痴をこぼした。

ヘレン: 「なかなか、就労ビザが更新できない・・・ハァ~」

セルビアから就職のためモンテネグロにやって来たヘレン。セルビアといえば、つい3年前までは同じ国だったけど、独立した今日、セルビア国籍のヘレンは外国人なのであります。

自国の国民の利益を守るためなのか、何かと外国人に厳しくなってきているようなモンテネグロの法律。
外国人が自分達より儲かるのがそんなに悲しいんだったらさ~、「悲しみを労力に変えて!(マジメに)働けよ!モンテの国民!」…って思っているんですが、実際、一番メンドクサイのが就労ビザかも知れません。

ヘレン: 「maityも今年、ビザの更新がだいぶ遅れたよね・・・。」

そう。maityも今年5月、ビザに必要な書類を警察担当者が把握できず、なかなか更新できなかったという過去があります(私の場合、就労ビザじゃないけどね)。
なので、ヘレンのため息つく気持ちがよーく分ります。
ん・・・そういえば・・・???

maity: 「ねぇヘレン。ビザ更新の手続きするとき、”心付け”は持って行った?」

ヘレン: 「ココロヅケ・・・?何それ?」

続きを読む "モンテの常識・・・??"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

秋の味覚でお帰りなさい会

秋。

それは、きのこ好きのmaityにとって、一番美味しい季節。
なんたって秋の味覚といえば、松茸さま。

・・・ではなく。

    R0013064

・・・・ボルチーニ様

ここ、コトルの市場では、乾燥のボルチーニは年中出回ってますが、生のボルチーニもここ数年、旬の時期に出回るようになりました。
(モンテネグロ産なのかどうかは不明ですが。ただ新鮮でとっても香りが良いので、国産じゃないにしても隣国から来てるのかも。ボスニアとか。)

コトルの市場に生のボルチーニが並ぶのは、年に1回あるかないかだったのですが、今年は雨がいっぱい降ったせいか、7月の初旬に一度ならび、旬の時期を迎え、先々週からたくさんのお店でボルチーニが並ぶようになりました。

     R0013062

ボルチーニ、でかっ!
っつーか、マッシュルームもでかっ!!

本場イタリアよりは安いのかも知れませんが、お値段は1kg=25ユーロ(高ッ!!)
とてもじゃないけど、庶民がちょっと買うには勇気の要る金額です。

実は先日。某上司マ・クベ氏は、イタリアでこの時期にしか食べれない、"Porcini impanati" ボルチーニのフライをご馳走になり、その美味しさにハマったのだとか。
なになに、何それ~ッ!??!

味を覚えているうちに再現したいとの事で、勇気を振り絞ってご購入(笑)

続きを読む "秋の味覚でお帰りなさい会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

モンテっぽい都市伝説

     R0012358

赴任当初の3年前に比べずいぶんと様変わりしたなぁ~って思う、最近のモンテネグロ。
ここ、1~2年でえらい変わり様。
人々の暮らしが、以前に比べてここ1~2年で格段に良くなってきたというなんだけど。

「みんな、暮らしぶりが良くなってきたんだなぁ~」って強く実感したのは、電気屋さんへ行った時のこと。(家電量販店とは呼ばない。量販してないもん!)
前は、店内に商品と呼べる物があんまりなかった。電子レンジなんか2台か3台くらいしか置いてなくて、メーカー比較どころの騒ぎじゃないっつの(^^;
メーカーとか値段とか考える暇もなく、必要と感じたら、目の前の電子レンジを買うしかなかったあの頃・・・。
…つまり全部『現品限り』だったのである…。

今でも『現品限り』は変わらないけど、品数がだいぶ増え、色んな機能を持つ電子レンジも登場したのをみて、モンテネグロがようやく豊かになりつつあることを実感するmaity。
それと同時に思ったのは・・・

みんな・・・電子レンジがようやく便利なモノだって分るようになってきたんだなって(笑)

続きを読む "モンテっぽい都市伝説"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

おいでませ、モンテネグロへ!!

   R0010545

どうもすっかりご無沙汰しております・・・(^^;
ここモンテネグロも夏真っ盛り!今年は大丈夫かな~って思ってたけど、やっぱり今年も水道水が少々塩っぽくなってきました。
近頃、この塩味に夏を感じるmaity。大丈夫か、maity?それって全然常識じゃないからねっ!

さてさて、そんな真夏のモンテネグロへ、モンテ南部に接するお隣の国アルバニアからひとたんファミリーが遊びに来てくれました。ようこそ~!!

隣国だけど、maityにとって未知の国アルバニア。そのアルバニアに暮らすひとたんファミリーはどんな家族だろうかと大変興味があったのです。(いやいや、私もストーカーではないですよ<笑)
こうして実際にお会いできて、本当に良かった。

アルバニアも、なかなか生活するには大変厳しい国ですが(『モンテは先進国』というその一言が全てを物語っているような…)、そこで一生懸命家族を守りながら暮らしているひとたんご夫妻に、私も活力を頂きました。

モンテネグロに来て、良かったと思えることはやっぱり人との出会いですね。
ここで暮らすうちに、色んな人と出会いました。その出会いひとつひとつが、私にとって宝物です。

もちろん、この国の人達との出会いは私にとって刺激的ですが(それはもう、良くも悪くも…)。
現地の人達との交流だけでなく、こうして色んな国で暮らし色んな仕事に携わる日本人に出会えたことによって、日本に居た時と比べ、ずいぶんと見識も視野も広がったと思います。

普段、茶飲み友達すらいない日常ですが、もし周り日本人が溢れ寂しくない日常を送っていたら、人との出会いに感動することなんてなかったかも。
だから、モンテネグロに来て良かった。

ひとたんさん、のんたんさん、本当にモンテネグロへ来てくれてありがとう。
このご縁を大切に、またいつか、今度はアルバニアで会いましょうね~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

オクラが咲いた!

     R0013171_2

     R0013178_2

暑中見舞い申し上げます。

8月に入り、ギラギラした太陽がモンテネグロの家と大地を照らし、いよいよ寝苦しい季節となってきました。気分は石焼ビビンバ。(あぁ、食べたい…)
寝室にはエアコンを設置しないモンテネグロの家(エアコンの風は体に悪いから)。昨夜は、扇風機2台体勢で寝苦しい夜を乗り切りました。ひとりにつき、扇風機1台。ある意味、贅沢…?

そんな中、元気に育っているのが夏の野菜、オクラちゃん。
1週間の旅行中お水をあげなかったので、かなり葉が落ちて枯れかかっていたのですが。

   R0014104

見事、花を咲かせました!!!
(Ricaさん、ついに咲きましたよ~^^)

タネをくださったRicaさんのお話では、オクラは1m以上大きく育つという話でしたが、成長期に水不足だったせいか、50cmほどで花が咲いちゃいました。
それでも、このまま枯れちゃうのかと思っていただけに、感激!

オクラってこんなに綺麗な花を咲かせるのね~・・・(涙)

2、3日後、咲き終わると枯れた花はポロっと落ち、そこから出ていたのは・・・

  

続きを読む "オクラが咲いた!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

BBQ モンテネグロスタイル

このところ雨ばかりのモンテネグロですが、これからのシーズン、まさにBBQの季節。
いろんな所で皆さん、雨の合間を縫って、BBQをしています。

そして私達も今年もまた、会社の仲間10人ほど集まってBBQをしました。
もちろん今年も、モンテネグロスタイル! 

   R0013037

ひとりがBBQ奉行で、ひらすら孤独に焼き続けます。
あとの皆は、思い思いに飲んで待ち続けるのみ・・・
なんか、上からこうして写真に撮ると、すごいな…(笑)

  

   R0013042_2

バルカンの郷土料理のひとつ"Ćevapčići(チェバプチチ)"
大抵のレストランによくあるメニューですが、炭火のBBQで食べるチェバプチチが一番美味しいと思う。ほどよく脂が抜けて・・・

これを出来たてホカホカの状態で食べたら、もっと美味しいと思うんだけどな~

去年経験済みですが、どうも納得いかないのが・・・
モンテ流BBQでは、全部のお肉が焼け終わるまでひたすら待たなきゃいけないって~!
お肉が焼ける香ばしい香りだけ嗅いで…maityにゃ拷問じゃよ、これ!

続きを読む "BBQ モンテネグロスタイル"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

雨ニモマケズ

このところ、日本でも東欧でも大雨による被害がmaityの耳にも届きます。
(被災地の皆様のご心痛どれほどのものでしょうか。一日でも早く復興されますように…)
ここモンテネグロでも、このところずぅ~っと毎日大雨rainrainrain

   R0012251_2

傘売りのネコ。
2匹交代で、盗む人がいないか、猫の目をひからせています(笑)
いったい、日給いくらで雇われたのかな~?

  R0012250

・・・って、ただの野良猫なんですけどね。2匹はきっと兄弟なんだろうな。
ちなみに、このお店。傘屋さんではなく、文房具のお店なんですが、よく観光客が通るコトル旧市街の通りでは、急な雨が降った時のために、よくこうして軒先で傘を売るのです。

今日は、そんな雨模様のモンテネグロのお話。

朝晴れてたと思うと、昼から午後にかけて雷と共に激しい雨が降り出す毎日のここ、モンテネグロ沿岸部。
雨によってTVの映りは悪くなるし、PCも動きが遅くなるし、雷が家に直撃すれば電化製品は壊れるし~。
毎日ビクビクしながら暮らしていますが、この長雨が終わると、いよいよ乾季。断水シーズンの到来かと思うと、今のうちに、少しでも長く降ってておくれ~っと思うのが人情です…(^-^;

幸いなのが、このところずっと涼しいこと。
激しい雷雨と強風のせいで、気温がぐっと下がり7月に入っても、最高気温は25℃前後。
あの30℃を超えた5月は何だったんだろう~?

maityとして嬉しい雨ですが、嬉しくないのが観光客でしょう。
その大半は、青い海青い空を求めてやってきた海水浴客なので、運が悪いというか、間が悪いというか…。せっかく来たのに、可哀想ですな~。

続きを読む "雨ニモマケズ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧