« モンテの常識・・・?? | トップページ | 親友の味 »

2009年10月13日 (火)

ピューっと吹くと!?

     R0010559

どぶ朗は家に居るとき、よく口笛を吹く。
(なんでそんなに機嫌がいいのかは、いつも不明。)

別に口笛を家の中で吹いてもいいけど~、夜に吹くのだけは許せん。

どぶ朗: 「えっ!?なんで??」

maity: 「夜に家の中で口笛を吹くと、蛇がやってくるから吹いちゃダメなの!」

どぶ朗: 「それって・・・レッドスネーク、カモ~ン・・・??」

ちがーう!!annoy
赤い蛇がやってくるのか黄色い蛇がやってくるのか、それはともかく、「夜に家の中で口笛を吹くと蛇がやってくる」と言って、maityの母親がよくmaityを叱っていたものです…(あぁ、遠い昔の話)
これって一般常識だと思っていたのですが、あれ?ウチだけの話・・・??

モンテネグロに来て、こんな自分にしか通用しない話をどぶ朗に説明すると、なんだか、ホントに自分は遠く離れた文化圏に来ちゃったんだなぁ~って、ションボリ。
(あと、トンカツにソースは邪道と断言された時も、遠く離れた異文化の土地に嫁入りしたと思う。)

ヘレン: 「へー。日本にもそういう話ってあるんだぁ。セルビアでは、『家の中で口笛を吹くと、ネズミが来る』って、よく怒られるよ。」

ほうほう。セルビアにも同じような言い伝えがあるんですなー。
やっぱり、家の中で口笛を吹くというのは、お行儀の悪い行為で、それを正すために生まれた迷信…といったところでしょうか?

子供の頃はよく友人や両親から、「霊柩車を見たら親指を隠せ」とか、「掌に『人』という文字を3回書いて、飲み込む(マネをする)と緊張しない」とか、色んな迷信の類を教わってきましたが、日本同様、セルビアやモンテネグロにも、こういった迷信はあるようです。

実は・・・。
以前Mic'oさんのブログで、ボスニアの(というか担任先生の?)迷信にまつわる面白いエピソードが紹介されていましたが、その際にMic'oさんから、こんな質問が…。

>>こちらでは(ボスニアでは)縁起の悪い話をした後にプップップッと唾を吹きかけるようなジェスチャーをするんですけど、モンテでもしますか?

この質問を解明するため、maityの友人から男女2名からサンプリングすることに。
(Mic'oさん、今更でゴメンナサイ。だいぶ前に聞き込みしてたんですけど<汗)

友人(男): 「俺はそんな迷信、信じない。だって俺、そんなに弱い人間じゃないから。」

もしもーし?アンタの話を聞いてるんじゃないんだけど~(^^;
さすがモンテの男、サンプリングが悪かったか。女性の友人がまともな回答をしてくれました。

モンテネグロでもボスニアと同様に、縁起の悪い話をした後に唾を吹きかけるという言い伝えはあるそうですが、今ではその行為の意味を理解している人も少なく、誰もする人はいないそうです。(ちなみに、モンテネグロ発祥ではなく、恐らく流れてきた言い伝えだと)

ちなみに、モンテネグロでは縁起の悪い話をした場合、こんな事をするのだとか。

「良くない話(誰かが事故死した話など)をした後、悪い事が起こらないように、木の家具(机や椅子、ドアなど)を拳で叩く」

ボスニアでは「誉めた後には木の机などを3回コツコツコツと拳で叩く」そうですが、モンテネグロとは全く逆なんですね~。

こういう迷信や言い伝えって面白いですよね。一般常識だと思っていたら、自分の住んでいる地域しか浸透していなかったり…妙な言い伝えが、世界の端と端で語り継がれていたり。
不思議と、世界の広さと繋がりを感じます。

とりあえず・・・。
モンテネグロの我が家では、どぶ朗がいつも口笛吹いているので、ネズミの大群が屋根裏に押し寄せているのかもしれません(^^;

|

« モンテの常識・・・?? | トップページ | 親友の味 »

コメント

調査報告ありがとうございました~☆
そっか、モンテでは同じジェスチャーでも反対の意味なのですね!
私が机を叩くジェスチャーを学んだのはセルビアでしたが、当時の日本語レッスンの生徒さんが「あ、木でできているものを叩かないといけないのよ!」と身の回りの木製品を探していたのが笑えました。
そもそもは悪魔が良い噂を聞きつけてやって来ないようにという意味みたいですけどね。

口笛を吹くと蛇、とか、霊柩車を見たら親指隠し、とか私も教えられて育ちましたよ~☆ビバ 同じ文化圏(海沿いの街繋がりだからかな?)
最近寒さが近づいてきたせいか、口笛を吹かなくてもねずみが屋内に入ってこようと入り口のドアに穴を開けようと必死になったりしています。
ちなみにこちらでは「鬼のいぬ間に洗濯」ではなく「ネコがいない間にねずみがコロ(民族舞踊)を踊る(Kad macke nema,misevi kolo vode)」という諺があります。
もしかしたらどぶ朗さんの口笛につられてやってきたネズミ達が屋根裏でコロを踊っているかもしれませんよ(^m^)


投稿: mic’o | 2009年10月15日 (木) 01時20分

こんにちは、中東在住はっちゃんずです。 

私が名古屋出身、主人がブルガリア人ということで、maityさん・どぶ朗さんのブログいつも楽しみに拝見しています。

ブルガリア人の主人は、何か縁起の悪いことを話した後(たとえば、車で事故る話とか)に机・テーブル(木でできたもの)をこんこん叩いてから、自分の頭もこんこん叩きます。

でも、この縁起の悪い話をした後で机など木製品を叩くというのは、以前住んでいたNZでも皆していました。 <Touch wood>といいながら
こんこんって。 イギリスやスコットランドからの移民が多い国ですから、やっぱり起源はヨーロッパなのでしょうかね。

横からお邪魔して、失礼しました。

投稿: はっちゃんず | 2009年10月15日 (木) 12時37分

こんにちは~、わたしも、「口笛で蛇」を聞いたことがありますよ!
とんかつにはお醤油ですが(笑)。

そして、木製のモノを叩く、これもやります!
が、状況としては「いいことを言ったあと」かな?例えば「うちの子供はみんな元気でなによりなのよ」って言った後にコンコン。

「こんな大それたことを言って、あとで祟りがありませんように」っていうような意味だと思う。確かドイツでもやるし、アガサ・クリスティの話にも出てきたような(あいまいな)記憶が...。
ニューヨークの日本人でもやっている人が結構いたような(勿論、他国の風習だということを理解した上で)。

そうそう、マケドニアのラディッツアも同じ状況でコンコンしていましたよ。

投稿: ひとたん | 2009年10月15日 (木) 18時44分

mic'oさん

そう、そうなんですよー!
同じジェスチャーでも意味は全く正反対なんですね~。ちょっとビックリしました。
木の製品というのに、何か重要な意味があるんでしょうねぇ・・魔除け?

「口笛を吹くと蛇」、これどぶ朗がマジで知らなかったのには、ちょっとショックでしたよ~!てっきり全国区だと思ってました(笑)
「ネコのいぬ間にネズミがコロを踊る」って面白い諺ですね~。何となく、トムとジェリーみたいで微笑ましいです(^m^)

mic'oさんのお宅もネズミで悩まされてますか。ウチは去年住んでいた家は、葡萄の木を伝って我が家にやってきました・・・(^^;
すっかり収穫の秋、そしてやってくる冬の到来に向けて、ネズミも今が一番忙しいシーズンですからね。
どぶ朗の口笛に誘われて、屋根裏で大収穫を祝ってコロ踊られたら、ちょっとうるさそうだなぁ…私寝れるかしら?(笑)


投稿: maity | 2009年10月17日 (土) 00時19分

はっちゃんずさん

こんにちは^^
ブルガリアでは、自分の頭もコンコンってやるんですね~。
このジェスチャー、このあたりだけでなく、はるかNZでも親しまれているとはビックリしました。
中東の方では、縁起の悪い話を聞いた後って、何かジェスチャーされることあるんでしょうかね?欧州とはまた異なる独特のものがありそうですね。

>横からお邪魔して、失礼しました。
いえいえ、とんでもな~い。また遊びにきてくださいね!
いつも読んでくださってありがとうございます。
ちなみにはっちゃんさんは、やっぱりトンカツといえば味噌カツですか?(笑)
私は初めこそ衝撃でしたけど、今では味噌カツ大好きです。ただ、ソースも認めて欲しいですどね(^^;

投稿: maity | 2009年10月17日 (土) 00時50分

ひとたんさん

ひとたんさんは、トンカツは醤油派ですか(笑)
私も昔からソース味に飽きるとしょうゆで食べてましたよ~。どぶ朗には「しょうゆ!?」ってビックリされましたが・・・。
のんたんさんもきっと、「口笛で蛇」って知ってますよね(同じ県民だし<笑)
なんだ、どぶ朗がものを知らないだけだったんだな。

アルバニアは「良い事を言った後」派なんですねー。
本当、結構みんなどこの国でもやってるもんなんですね~。NYの日本人まで・・・(^m^)

あ、mic'oさんのお話では、ギリシャでは誰かを誉めた後に唾を吹きかけるジェスチャーをするって聞きますが、マケやアルバニアではどうですか?

投稿: maity | 2009年10月17日 (土) 01時12分

こんにちは~。さっきはすごい雷でしたねえ(って、そんなに近所じゃないって!)。

う~ん、唾をかけるジェスチャーは見たことがありませんが、単にわたしがしらないだけかも?

ギリシャといえば、先日ギリシャから子供用の(虫下し)お薬を買ってきてくださった方に、代金をお渡ししようとしたら、「ギリシャでは薬のお金を貰ったらBad Luckなのでゼッタイに受けとらないわ」と言われてしまいました。

コレって、本当かなあ?

投稿: ひとたん | 2009年10月23日 (金) 03時57分

ひとたんさん

あー、昨夜からこっちもすごい雷でしたよ~!!
この雷雲どこまで続いてるんだろうと思ったら、アルバニアまで続いていたんですね(^m^)

>、「ギリシャでは薬のお金を貰ったらBad Luckなのでゼッタイに受けとらないわ」

へ~なんか、さすが神話の国って感じで、ちょっとどことなく神秘的な話ですねぇ・・・???
お金が絡んで人間関係がギクシャクするのもアレなので、ギリシャに行ったら、私も気を付けよう(笑)
(これが本当の話だとして)

モンテに薬代がどうのこうのといった話はまだ聞いたことが無いですねー。頼むより頼まれる事が多いんですが(日本で買ってきてと…)
う~ん、なぜに薬代…?不思議だ。

投稿: maity | 2009年10月23日 (金) 17時36分

オレもよくピューっと口笛吹きます。会社で残業中に。夜遅くなってからが多いかな?
別に楽しいから吹いてるわけではありません・・。けっこー無意識にやってます。好きな歌を口笛吹いて現実逃避してるんかね?(笑)

で、某社では、某先輩に同じ理由で注意されましたw
でもって、その迷信はその先輩に聞くまで知りませんでした・・。

投稿: えいぢ | 2009年10月26日 (月) 23時33分

えいぢさん

名古屋圏の人はこの迷信、知らんのかねぇ??
残業中って夜遅いから静かだし、何か吹きたくなるよね。
無理にでもテンションあげてかないと~

ま、maityさんは口笛吹けないんだけどね(爆)
だから私の場合、別に楽しいわけでもないけど残業中口笛の代わりに鼻歌うたって…
…上司に「調子良さそうだね」と仕事を増やされました(;´д`)

残業と迷信といえば、昔勤めてた会社のトイレにまつわる怪談(根も葉もないウソ)を聞いて以来、残業中にトイレ行くのがマジ怖かったYO!
これって社会人失格かにゃ~?(笑)
あれ以来、伝統ある会社(の社屋)で勤務するのは止めようと本気で思いますた…

投稿: maity | 2009年10月28日 (水) 18時49分

縁起の悪い事を口にしてしまった時に木製品をコンコンコンと叩く魔除けの風習は、英会話の先生に聞いた事があります。彼曰く、東洋以外の国々で広く見られるそうですよ。

投稿: かず | 2011年3月 3日 (木) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79110/31773848

この記事へのトラックバック一覧です: ピューっと吹くと!?:

« モンテの常識・・・?? | トップページ | 親友の味 »