« ピューっと吹くと!? | トップページ | 旅の持ち物、あれやこれ »

2009年10月28日 (水)

親友の味

とうとう冬時間に入り、日本との時差がまた-8時間となりました。

ついこの前までは半袖だったような覚えがあるんですが、いつの間にか、分厚いジャケットを羽織るような時期になってました。
相変わらずモンテネグロは秋らしい秋がなく、いまだにお気に入りの長袖ブラウスが出番ありません…。

え~久しぶりの更新なのに、これといった話題ではありませんが・・・。

     Img_49921

これまた随分と久しぶりに、スパゲッティー・ボロネーゼを作りました。
かれこれ1年以上作っていなかったんじゃないかな~?
赴任当初は来る日も来る日も、こればっか作ってましたが(笑)

このボロネーゼ、私にとっては大切な思い出の味というか、親友の味なのです。

このレシピを教えてくれたのは、大学時代からの親友。
ふたりとも、実家を離れ1人暮らしをしていたので、しょっちゅうお互いの家で一緒にご飯を食べたりしてました。
今となってはそう珍しくもないレシピですが、当時まだ大学生で、基本お料理でさえ初めて挑戦することがいっぱいあったあの頃、「簡単だから」と言って教えてくれたのがこのレシピ。

ボロネーゼは、その人その家庭によって色んな作り方があると思いますが、私はいまだに親友から教わったとおりの作り方を守っています。
この料理を作ると、必ず、遠く離れ滅多に会えなくなった親友を思い出します。
一緒にお付き合いのあるどぶ朗も食べると思い出すらしく、「そういえば、元気にしてるかな~?」と、必ず食卓の話題にのぼる親友。

その親友とは、もうかれこれ10年以上。
大学を卒業しお互い家庭を持っても、こうして随分遠くに来てしまった今でも、ずっとずっと続いている友情は、このボロネーゼのように、じっくり時間をかけて良い味となってきました。

モンテネグロでもレストランにスパゲッティー・ボロネーゼはありますが、思い出の分だけ、絶対、私が作った方が美味しいと自負してます…かなりね(笑)

おふくろの味とかお祖母ちゃんの味とか、そういう味はありますが、親友の味というのは珍しいのかな?
でも、ボロネーゼがそんな思い出の味になれたのも、やはり親友の温かい友情のおかげですね。

皆さんにも、ついつい誰かの顔を思い出してしまう、そんな思い出の味ってありますか?
いつか、ここモンテネグロでも、こんな思い出の味ができるといいなぁ~。

ちなみにパスタ上に乗せたイタリアンパセリは、maityの自家製。

種はイギリスの知り合いの方がわざわざ送ってくださったもので…(ありがとうございます)。
このパセリ、実は別の鉢に蒔いたはずなんですが、種が一粒だけ風で飛んでいったのか、紫蘇の鉢にちゃっかり芽を出し…えー、こんな奇妙な寄せ植えにする予定ではなかったのに~。
誰に期待されることなく根を生やしたのが可哀想で、放置していたら、もともと鉢の主だったはずの紫蘇より、だいぶ丈夫に育ちました(^-^;

んで…もぅ刻むのも可哀想で、ちょこっとだけちぎって、そのままパスタに添えました(笑)

|

« ピューっと吹くと!? | トップページ | 旅の持ち物、あれやこれ »

コメント

偶然にも「父の味」という看板を紹介しているブログを見た直後にmaityさんの最新記事が「親友の味」だったので、どこかで「○○の味」で記事を書く事がお題になっているのかしら、と思ったり(^^;)

それはともかく、親友から引き継いだ味をはるばるモンテネグロでも再現しているというのは友達冥利につきるんじゃないでしょうかね~。学生の頃、お友達が料理の腕を振るってくれたことがありましたが、残念ながらレシピをもらうの忘れてしまいました~(涙)
日本各地から学生が集まっていた学校だったので、今考えたら色々とご当地料理を教えてもらうチャンスだったんですけどね。

料理の味同様に深まる友情、これからも大切にしてくださいね☆

投稿: Mico | 2009年10月30日 (金) 00時52分

Mic'oさん

いえいえ、特にお題だったわけではないのですが、偶然ですね~。
うーん、「父の味」という看板のお店…かなり気になります(^m^)

私の大学時代も、特に最初の2年間は寮生活を送っていたので、皆周りは日本各地からやってきた友達ばかりで、本当、郷土料理はもっぱら話題になることが多かったですね~。
自分も含め、さすがに自分で作って振舞おうという者は誰もいませんでしたが(^^;

本文に出てきた親友はこの寮時代からの友人で、やっぱり同じ釜の飯を食った友というのは、すごく特別な存在であり、本当ありがたいものです。
お互い地方から地方にやってきて、個性豊かな名古屋文化に目を白黒させながらも一緒に頑張ってきた仲というのもあって、今でも一番の親友ですね~。あぁ、懐かしい・・・(笑)

しかし、本当、今考えれば、ご当地料理を教えてもらうチャンスでしたね。もったいない・・・。
あの頃は、郷土料理のレシピより、友人たちの仕送りで送られてくるご当地の名産品をお裾分けしてもらうのが、何よりの楽しみでした(笑)

投稿: maity | 2009年10月31日 (土) 07時42分

ご無沙汰でちよ。
思い出の味素敵~。
私の親友は料理が苦手なので(笑)、残念ながら素敵なレシピは教えてもらえないわー。
私は結構いろんな食べ物でそれを食べるといろんな記憶がよみがえってくるタイプ。
あと、匂いでもすごいいろんなことを思い出すのよねー。
maityさんはまだ気づいてないだけで、もういろいろたくさんなモンテの思い出の味ができてると思うよー。

投稿: Rion | 2009年10月31日 (土) 10時02分

Rionさん

こちらこそ、お返事遅くなりました~

食べると甦る記憶っていうのもいいねぇ!
匂いで思い出すことって私もあるっっ!
結構匂いって、記憶と深く結びついているよね・・・(笑)

>maityさんはまだ気づいてないだけで、もういろいろたくさんなモンテの思い出の味ができてると思うよー。
そうかなぁ?そうかも、気が付かないだけで。
案外、日本にじっくり腰を据えたら、色んな思い出の味が甦ってくるのかも。。。
あ、そういえば~!!どこにいようと、のび切ったパスタを食べるとモンテネグロ思い出すわ(笑)

投稿: maity | 2009年11月 2日 (月) 20時12分

おはようございます。
唐突にすみません。
モンテネグロの名産品って、何でしょうか?
食べ物でも、工業製品でも、有名なもの、ありますか。
教えていただけると助かります。

投稿: 文月。 | 2010年8月26日 (木) 05時59分

文月。さん

こんにちは、はじめまして。

そうですねー。食べ物中心になりますが、モンテネグロの名産品といえば、まずはワインですね。
スペイン、イタリアなどと同じく地中海性気候なので、葡萄に適した気候で、白ワインは辛口の物、赤ワインなら渋めの物が良く出回っており日本より安価で美味しいワインが手に入ります。
あと、日本では珍しいかと思いますが、石の壺の中にオリーブオイルを入れて漬け込んだチーズも独特の味がありますし、何と言っても、生ハムが有名です。
このオリーブオイル漬けのチーズは淡白な味で、生ハムは塩気が利いているので、よくコンビで前菜などで出されます。

工業製品は・・・工業が発達していないので、今のところ無いと思います。
お役に立てたかどうか分かりませんが、こんなところでしょうか。

投稿: maity | 2010年8月28日 (土) 08時43分

ありがとうございます。
自然も美しいし、料理もおいしそうだし、魅力的な所ですね。
参考になりました。

投稿: 文月。 | 2010年8月29日 (日) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79110/31977092

この記事へのトラックバック一覧です: 親友の味:

« ピューっと吹くと!? | トップページ | 旅の持ち物、あれやこれ »